プロフィール
プチ鹿島(ぷちかしま)
1970年5月23日生まれ。血液型O。時事ネタを得意とする。東スポ歴は中学から30年。TBSラジオ「東京ポッド許可局」、同局「荒川強啓デイ・キャッチ!」(月・水)、YBSラジオ「プチ鹿島の火曜キックス」、NHKラジオ第1「午後のまりやーじゅ」に出演中。著書には「教養としてのプロレス」(双葉新書)。




2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  



三峯神社にいったら「御眷属」
2018年05月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はー、ここまできたかというニュースがあった。

 

『人気集める三峯神社「白い氣守」頒布休止に…6月1日から渋滞解決まで 苦情相次ぎ「苦渋の決断理解して」』(埼玉新聞5月15日)

最近テレビでよく「関東最大のパワースポット」と紹介される秩父の三峯神社。毎月1日に出される白いお守りの話になる。で、ますます混むというサイクル。

 

実は私もここ数年三峯神社に毎年訪れている。きっかけはNHK・ETV特集の「見狼記 〜神獣ニホンオオカミ〜」という番組を見たからだ。

明治末期に絶滅したといわれるニホンオオカミが今も存在していると信じ、探している人のドキュメントだった。奥秩父を中心としたオオカミ信仰「おイヌさま」の存在も知れた。

この番組がたいそう面白かったので「東京ポッド許可局」というポッドキャスト(現在はTBSラジオ)で話したら、地元の八木橋百貨店の方が「オオカミパワーツアー」と称して三峯神社に連れて行ってくださったのだ。

行ってみたら、「狛犬」が「狼」だった!(「大口真神(おおくちのまがみ)」という)。

我々の番組を聴いてわざわざ関西から来たという大学生にもバッタリ会った。八木橋百貨店さんといい、人との繋がりが嬉しかった。

今から考えると偶然なことに、私たちが訪れた2013年7月1日から「白い氣守」を頒布していたのだ。

《2013年7月から頒布を開始し、同年に元フィギュアスケート選手浅田真央さんの姉舞さんがテレビ番組の取材で同神社を訪れ、「妹の分も」と手にしたことで、広く知られるようになり、人気が広がった。》(埼玉新聞)

 

テレビの影響力ってすごいですね。

さて、ここからが本題である。「白い氣守」はまだ5年の歴史だが、そもそも三峯神社は「御眷属(ごけんぞく)」のお札が有名なのである。

わかりやすく説明するとオオカミを自宅にお借りして護ってもらい、一年後にお返しするシステム。オオカミパワーそのもの。

 

交通手段がない大昔は、村の代表が何日もかけてこのお札をもらいに山に登ったらしい。せっかく三峯神社にいったなら「白い氣守」もいいが「御眷属(ごけんぞく)」なのである。先日、楽屋でとろサーモンの久保田君ともそんな話で盛り上がった。

 

というわけで、今年もいい天気、いい空気を味わいに三峯に行きたいと思います。



東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!