プロフィール
プチ鹿島(ぷちかしま)
1970年5月23日生まれ。血液型O。時事ネタを得意とする。東スポ歴は中学から30年。TBSラジオ「東京ポッド許可局」、同局「荒川強啓デイ・キャッチ!」(月・水)、YBSラジオ「プチ鹿島の火曜キックス」、NHKラジオ第1「午後のまりやーじゅ」に出演中。著書には「教養としてのプロレス」(双葉新書)。




2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  



胸を張ってFA宣言!
2018年05月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オフィス北野を辞めることにしました。

 厳密に言うと、いったんそういう宣言をして、私に興味を持っていただいた芸能事務所さんと移籍を前提とした面談をしたいのです。

 オフィス北野と再交渉するのもアリですので、これは野球選手でいうFA宣言だと思ってください。私のほかにマキタスポーツ、米粒写経(サンキュータツオ&居島一平)も同じく宣言をしました。

 FA宣言というと「4番かエース」の超大物の特権みたいに思われますが、中堅どころのFA宣言こそ野球界でも今後の課題と言われます。仕事をちゃんとしてれば誰かが評価してくれるかもしれない。今回うっかり私たちがそれを実践した自負もあります。

 私の移籍条件はただひとつ。「マネージャーさんが欲しい」。それだけです。

 この春からテレビの仕事が2本増えました。でも現場にはMCを務める番組ですら事務所関係者が誰もいないという異様な光景が続きます。

 他の仕事のやりとりも先方と直接交渉が続く状況が続きます。ただでさえ毎日稼働しているのに大変です。森社長に相談したら「移籍がスムーズにできるようバックアップする」と言っていただきました。ビートたけしさんにもご報告しました。なので、胸を張ってFA宣言です。

 我々はプロ野球選手と違って移籍金もいらないし年俸もいりません。お金と仕事はこちらから持っていきます。

 とにかくマネージャーと二人三脚で仕事をまわしていきたい。ただそれだけ。お得な物件だと思っています。

 移籍打診、お問い合わせ先は「tokyopod@gmail.com」で一括管理(プチ鹿島・マキタスポーツ・米粒写経)しています。ありがたいことにすでにいくつか打診はいただいているよう。いい転機にしたいと思っています。

 さてこんなことを言っていたらビッグなニュースが飛び込んできました。

「把瑠都、母国エストニア帰国を発表 国会議員目指す『大統領になりたい』」という話題です。

 大相撲元大関でタレントの把瑠都が《29日放送の日本テレビ系「明石家さんまの転職DE天職」(日曜後7・00)に出演。国会議員になるため、来月5日に母国エストニアに帰国すると発表した。》(スポニチ)

 ご存知の方も多いと思いますが把瑠都もオフィス北野所属でした。私のラジオ番組にも出てもらったこともありました。頼りになる「後輩」でした。

 しかしエストニアに帰国するということは把瑠都もオフィス北野を辞めるということなんでしょう。でもその理由が「母国で大統領になりたい」ってスケールがデカい。把瑠都はやっぱりデカかった。

 少しの期間だったけれど「後輩」でいてくれてありがとう。お互い頑張っていこう。大統領宣言、あっぱれ。



東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!