【侍ジャパン】韓国に7―0快勝で初代王者に 西川が3安打3打点

2017年11月19日 21時43分

胴上げされる稲葉監督

 新設された野球の国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の決勝は19日、東京ドームで行われ、日本が7―0で韓国を下し、初代王者に輝いた。

 日本は4回、外崎(西武)の適時打で先制すると、5回にも外崎の適時打、西川(広島)の右中間への2点適時二塁打で計3点を追加。さらに6回には二死二、三塁から山川(西武)の2点適時打、7回は西川の右越えソロで加点した。

 先発の田口(巨人)は直球、スライダーを低めに集めて韓国打線を翻弄し、7回を3安打無失点。8回は石崎(阪神)、9回は山崎康(DeNA)が危なげなく抑えた。