【侍ジャパン】メキシコに雪辱!流れ変えた大谷「第3の武器」

2016年11月12日 16時30分

盗塁を決めた大谷

 来春3月の第4回WBCでV奪回を狙う侍ジャパンが11日、メキシコとの強化試合第2戦(東京ドーム)に臨み、13安打の猛攻で11―4と快勝。前日の雪辱を果たした。チームの流れを変えたのは「3番・DH」でスタメンに名を連ねた二刀流・大谷翔平投手(22=日本ハム)の“第3の武器”だった。

 

「彼のスピードには驚いた。いいアスリートだというのは知っていたが、あそこまでスピードがあるとは。実際に見て驚いた」(メキシコ代表・エドガー監督)

 

「打ってよし、投げてよしの大谷が、走ってもいいなというのを再認識しました。初めての野手での起用だったんですけど、打線の中にいると少し景色が違うなという感じだった」(日本代表・小久保監督)

 立場の違う両軍監督が手放しで絶賛したのはマルチプレーヤー・大谷のもう一つの才能である「走塁」だった。

 

 この日、6打席中4度の出塁をした大谷の成績は、4打数2安打2四球1盗塁3得点。ハイライトは5回だった。第1打席で先制の起点となる左翼線二塁打を放っている相手左腕・ロドリゲスから、一塁ゴロを放った大谷は快足を飛ばし一塁セーフ。

 

 続く内川(ソフトバンク)の3球目にスタートを切り、二塁を陥れて東京ドームをどよめかせると、内川の一ゴロで三進。筒香(DeNA)の一ゴロの間に好スタートで生還し、この日3得点目を自身の足で奪った。

 

 大谷は「(二盗は)グリーンライトで行けたら行こうかというところだったので行きました。(本塁突入は)ギャンブルスタートじゃなくゴロ、ゴーだったのでいいスタートを切ろうと思いました」とポイントとなった2つの場面に言及。今季、投手ながら7盗塁をマークしたマルチプレーヤーとしての心得を当然のように口にした。しかも日本シリーズで痛めた足首の状態は万全ではない。それに関しても「短期間で良くなるものではないが、出るからには100%頑張りたい」とプロとしての覚悟もさらり。

 

 日本ハム・栗山監督が常々「そういうことをきちんとできることが、2つやれることの信頼感になる」という二刀流のプライドを、侍でも示した。

 

 それにしても悩ましい才能…。小久保監督は来年3月7日キューバ戦、翌8日オーストラリア戦という1次ラウンドの開幕2連戦で、大谷をどう有効活用するか、頭を痛めるに違いない。