【侍ジャパン】米大リーグの主砲が大谷をメジャーに“勧誘”

2016年11月10日 20時12分

練習中にエイドリアンらと話す大谷

「侍ジャパン」の大谷翔平投手(22=日本ハム)が米大リーグの主砲から早くもメジャーへの“勧誘”を受けた。

 10日のメキシコとの強化試合(東京ドーム)で練習中の大谷にメキシコ代表のエイドリアン・ゴンザレス内野手(34=ドジャース)が近付き「Dodgers」のロゴ入りのバッグをプレゼント。中身はTシャツなどのドジャースグッズだという。

 この意図を問われるとエイドリアンは「(将来的に)自分のチームに来てもらって打ち方を教えてもらおうと思ってね。あとカーショーにも投げ方を教えてもらいたいなと思って話したんだ」と説明。

 さらに「米国でも彼は注目されているし、ドジャースでも選手としても人間性もすばらしいということで話題になっているよ」と付け加えた。

 エイドリアンはメジャー通算1954安打、同308本塁打を放った主砲。2014年にはナショナル・リーグで打点王に輝いている。今大会は帯同のみで出場はしないが、ドジャースの主力として大谷勧誘の仕事をこなし満足げな表情を見せた。