【侍ジャパン】広島・栗林&西武・平良 初登板で〝明暗〟

2021年07月28日 18時14分

〝初登板〟の広島・栗林(ロイター)

 シーズンで防御率0点台を誇る初選出のリリーフ若侍コンビが五輪初登板に臨んだ。

 7回途中からは平良海馬投手(21=西武)が3番手として登板。2点を先制されて、なおも二死一、二塁の場面だった。ボニファシオを遊飛に打ち取り切りピンチを抜けた。

「中継ぎとしていい仕事ができたと思います。無観客なので何も緊張せずに投げることができました。次は1イニング全部投げたいなと思います」と手応え十分だ。

 一方で1点ビハインドの9回に登場したのは栗林良吏投手(25=広島)は独特の緊張感の中で苦しんだ。先頭のメヒアに二塁打を許すと、続くグーズマンを四球。一死一、三塁からヌネスに右翼への適時二塁打を浴びた。

 試合後は「フォークが自分の思い通りいかず真ん中にいって打たれてしまった。フォークの精度もそうだが、最初の2人なんてノースリーからの入りなので、その入りってところもしっかり自分の準備を考え直して、勝負できるようにしたいなと思います」と反省を口にした。

 それでも、粘って1点のみに抑えたことが大きかった。1点を失って、なおも一死二、三塁のピンチ。ここでボニファシオ、ロドリゲスから連続三振を奪って危機を脱出した。この踏ん張りが直後の逆転サヨナラ勝ちにつながった。

 野手陣に感謝するとともに「今度は自分がチームの勝利に貢献できるようにしなきゃいけないと思います」と力を込めた。

関連タグ: