【侍ジャパン】バッハ会長がスタンド観戦 野球競技に興味津々

2021年07月28日 12時25分

異様な雰囲気の中、スタンド観戦するバッハ会長(右)

 東京五輪の野球オープニングラウンド初戦が28日、福島県営あづま球場(福島市)で行われ、日本代表とドミニカ共和国のメンバーがアナウンスとともに球場に登場。稲葉篤紀監督(48)が率いる侍ジャパンの「金メダル」への道のりがいよいよスタートした。

 台風接近が心配されたが、上空は晴れ間が見えた。試合前、両チームが一列に並ぶ中、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(67)、に王貞治氏(81=ソフトバンク球団会長)、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)らがマウンドに登場。地元の中学生の始球式を見守ると、笑顔で拍手を送った。その後、中学生に自ら歩み寄ってグータッチすると、にこやかな表情でグラウンドを後にした。

 その後、バックネット裏のスタンドを通って観客席に陣取ると、周囲を関係者が取り巻く異様な光景の中、興味津々に日本の野球に見入っていた。

関連タグ: