【侍ジャパン】先発・山本由伸 2回1安打無失点「いろいろな球種を試すことができた」

2021年07月24日 14時34分

先発マウンドを2回無失点で終えた山本由伸
先発マウンドを2回無失点で終えた山本由伸

 侍ジャパンのエースが見事なピッチングを披露だ。24日に行われた侍ジャパン強化試合の日本―楽天戦(楽天生命)で山本由伸投手(22=オリックス)が先発。2回を投げ1安打無失点に抑えた。

 初回、先頭の小深田に右前打を許した山本だが続くオコエを空振り三振、茂木を中飛に仕留めると、捕手の甲斐(ソフトバンク)が小深田の盗塁を阻止して初回を無失点。2回も3者凡退と危なげない内容で、現在パ・リーグ投手3冠(9勝5敗、防御率1・82、121奪三振)の貫録を示した。


「初回ヒットを打たれましたが、いろいろな球種を試すことができて2イニング目はしっかりと抑えられました。(捕手の)甲斐選手とコミュニケーションもとれたと思います」と、山本は手応え十分。山本は野球競技の開幕戦となる28日のドミニカ共和国戦(福島)での先発が有力視されている。

関連タグ:

ピックアップ