【侍ジャパン】5番・浅村栄斗が〝イーグルス同門対決〟制し適時打「追加点とれ良かった」

2021年07月24日 13時42分

先制タイムリーを放った浅村
先制タイムリーを放った浅村

 すぐさま「侍」たちが波状攻撃を仕掛けた。東京五輪に臨む野球日本代表・侍ジャパンは24日、強化試合・楽天戦(楽天生命)で初回に先制。相手先発・早川の立ち上がりを攻め、2番・坂本(巨人)、3番・吉田の連打で好機を広げると、4番・鈴木(広島)が押し出し四球を選んで先制点を奪う。

 さらに無死満塁とすると5番・浅村(楽天)がフルカウントから右前適時打を放って〝イーグルス同門対決〟を制し、2点目をもぎ取る。所属する楽天本拠地スタンドから大歓声を浴びた侍の背番号3は「打ったのは真っ直ぐ。良い形で前のバッターが繋いでくれたので追加点がとれてよかったです」とコメント。

 一死後、7番・近藤(日本ハム)も中犠飛を打ち上げ、侍ジャパンが幸先よく初回から3点を奪った。

関連タグ: