【プレミア12】日本がメキシコに快勝 今永ら投手陣1安打リレー

2019年11月13日 22時09分

6回1失点の好投を見せた今永

 野球の国際大会「プレミア12」は13日、東京ドームでスーパーラウンドの2試合を行い、日本(1次ラウンドB組1位)がメキシコ(A組1位)に3―1と快勝した。

 打線を大幅に入れ替えて臨んだ日本は初回、鈴木(広島)と近藤(日本ハム)の適時打で2点を先制。2回には坂本勇(巨人)の適時打で1点を加えた。先発の今永(DeNA)は6回をソロ本塁打による1点に抑え、毎回の8三振を奪う快投を披露。リリーフ陣もメキシコの反撃を許さなかった。

 スーパーラウンドでは1次ラウンドで同組だった相手とは対戦せず、1次ラウンドでの対戦結果をそのまま反映させるため、日本と今大会初黒星のメキシコはともに3勝1敗となった。

 また、オーストラリア(C組2位)は米国(A組2位)に2―1と競り勝った。この結果、オーストラリアと米国は1勝3敗で並んだ。