【プレミア12】2回までに3得点 前夜ブレーキの坂本勇が2安打1打点

2019年11月13日 20時08分

初回、先制のタイムリーヒットを放った鈴木

 野球の日本代表「侍ジャパン」は13日、「プレミア12」スーパーラウンド第3戦のメキシコ戦(東京ドーム)で、2回までに3点を挙げた。

 3―4で惜敗した前日(12日)の米国戦後、「打線の組み方をもう少し考えていく必要がある」と語っていた稲葉監督が、決勝進出に後がない大一番で大胆に動いた。4番・鈴木(広島)以外の8人を入れ替え、7人の右打者をズラリと並べた。その意図を「まずは今日の左の先発をどう攻略するかを考えた」と説明したが、その狙いが初回から当たった。

 1番・山田(ヤクルト)が凡退後、前日、3三振を含む4打数無安打と大ブレーキとなった2番・坂本勇(巨人)が相手先発・ラミレスから左前打。さらに盗塁を決めるなどして二死二塁とし、4番・鈴木が先制の中前適時打を放った。

 侍打線は、三遊間に3人の内野手を配置したメキシコの右打者シフトの裏をかくように、打球方向を「右」へと徹底。5番に抜てきされた外崎(西武)は難しい内角球を右方向へ3本のファウルにした後、右前打でチャンスを広げ、続く近藤(日本ハム)の中前適時打を呼び込んだ。

 2回は会沢、山田が四球を選んでラミレスを引きずり下ろすと、代わったゴンザレスから坂本が左前へ適時打を放ち、東京ドームは大歓声に包まれた。