【プレミア12】侍ジャパン オーストラリアとの接戦制し白星発進

2019年11月11日 21時45分

選手を迎える稲葉篤紀監督(中央)

 

 野球の国際大会「第2回プレミア12」は11日、スーパーラウンドが開幕し、日本代表「侍ジャパン」(1次ラウンドB組1位)はZOZOマリンスタジアムでオーストラリア(C組2位)と対戦し、3―2と競り勝った。

 0―2の4回に鈴木(広島)が1次ラウンドから3試合連続となるソロ本塁打。7回には代走・周東(ソフトバンク)が二盗、三盗を決めてチャンスを広げ、源田(西武)のセーフティースクイズが野選を誘って追いついた。さらに8回、二死から近藤(日本ハム)の二塁打を足がかりに満塁とし、浅村(楽天)が押し出しの四球を選んで勝ち越した。

 先発・山口(巨人)は4回2失点だったが、田口(巨人)、岸(楽天)、甲斐野(ソフトバンク)が得点を許さず、最後は山崎(DeNA)が3人で仕留めた。

 スーパーラウンドは1次ラウンドで同組だった相手とは対戦せず、1次ラウンドでの対戦結果をそのまま反映させるため、日本は初戦を終えて2勝0敗となった。