【プレミア12】引きずらない男・鈴木誠也がこれぞ4番の一発

2019年11月07日 16時30分

左翼席中段へ豪快な一発を叩き込んだ鈴木

【台湾・桃園6日発】侍ジャパンは国際大会「プレミア12」の1次ラウンドB組・プエルトリコ戦(桃園国際野球場)に臨み、4―0で快勝。無傷の2連勝でスーパーラウンド進出を決めた。

 侍の主砲、鈴木誠也外野手(25=広島)がチームの1次ラウンド突破を決定づける特大アーチを放った。3回二死一、三塁の場面で相手先発左腕ソトの直球を一閃。「感触は完璧でした」と確信の表情で歩きだすと、打球は歓声に包まれながら左中間スタンド中段に飛び込んだ。

 初戦のベネズエラ戦は2打席連続見逃し三振に倒れるなど硬さも見られたが、引きずらないのが鈴木の強さ。「誠也もホッとしているのでは」と語った稲葉監督の方がホッとしたような笑みだ。若き4番は「盛り上がったと思いますが…」と照れ笑いしつつ「いい流れできているので、得点圏で回ってきたらいい仕事をしたい」と1次ラウンド最終戦となる7日の台湾戦(台中)に向けて気を引き締めた。