【侍ジャパン】メキシコに逆転負け

2019年03月09日 22時43分

日本代表の稲葉監督

 野球日本代表「侍ジャパン」は9日、京セラドームでメキシコ代表と強化試合第1戦を行い、2―4と逆転負けを喫した。

 先発・今永(DeNA)、2番手・山岡(オリックス)が2イニングずつを無得点に抑えたが、2―0の6回、2イニング目に入った高橋礼(ソフトバンク)が1点を失う。続く7回に4番手・松永(ロッテ)が2本の適時二塁打を浴びて逆転されると、8回には梅野(ヤクルト)が追加点を許した。

 打線は初回に吉田正(オリックス)、4回には甲斐(ソフトバンク)がそれぞれ適時打をマークしたが、追加点を奪えなかった。

 第2戦は10日に京セラドームで行われる。