巨人がDeNAに苦戦する原因は“クセ者”大和の存在

2018年05月05日 13時00分

引き分けに終わり、ファンに一礼する由伸監督。右は村田ヘッド

 負けはしなかったが、勝つこともできなかった。巨人は4日のDeNA戦(横浜)に延長12回、0―0で引き分けた。

 先発した菅野が8回2安打無失点、計18回連続無失点と快投を見せながらも、打線が好機をものにできず。7回には岡本がバントをミスするなど決定打を欠き、今季初の延長戦に突入した。

 12回の攻撃では無死一、二塁の絶好機に立岡が犠打失敗で最悪の併殺。その後、二死満塁とするも代打の代打・中井が空振り三振に倒れ、この瞬間に勝利が消えた。菅野降板後はカミネロ―マシソン―澤村―宮国と無失点リレーで得点を許さなかっただけに、手痛いスコアレスドローとなった。

 チームは2位に浮上したものの、試合後の由伸監督は「今日は投手が非常に頑張ってくれた。何とか1点をと思っていたけど。負けがつくよりはいい」と表情は冴えず。村田ヘッド兼バッテリーコーチも「バントを決めてほしいのは当たり前や。1―0で勝ってるわ」と眉間にしわを寄せた。

 これで今季のDeNA戦は1勝4敗1分け。昨季は15勝9敗と得意としていたのに何が変わったのか。球団スタッフは要因のひとつに今季阪神からFA移籍した大和内野手(30)の加入効果を挙げた。

「地味だが遊撃に入る大和の存在が大きい。守備ではセンターラインが強化され、打席では粘って投手に球数を投げさせる。攻守で昨年までにはなかった厄介な存在になっている」

 巨人は昨季と同様、広島にも1勝4敗と負け越しており、これ以上、苦手チームを増やさないためにも早急に打開策を練る必要がありそうだ。