中日で高まる「打者・松坂」の需要

2018年05月04日 16時30分

野手顔負けの打棒を誇る松坂

 中日が3日のヤクルト戦(神宮)で、延長10回6―7で今季初のサヨナラ負けを喫した。まさに総力戦だった。3点を追う6回に4者連続で代打攻勢をかけるなどして同点に追いつくと、7回も亀沢、藤井と代打の2人が打点を挙げるなど3点を取り一時は逆転に成功。森監督は「負けているんだから手は打っていかないと。よく追いついて勝ち越した」と振り返った。

 最もスタンドを驚かせたのは同点で迎えた9回だ。「まだ駒はいたけど、その後のことを優先した」と一死一塁で4番手・鈴木博の打席のところで前日先発した笠原を代打に起用。ベンチに野手は工藤、木下拓の2人が残っていたが、延長戦を見越して投手の代打に投手を起用する策に出たが、結果は送りバント失敗に終わった。

 そんな中、チーム内からは「もしも松坂がベンチにいたら…」との声が出た。3日現在、中日の先発陣で松坂の防御率は2.00でガルシア(同1.38)に次いで2位と安定。加えて野手顔負けの打棒とあって、チーム関係者は「今日のような総力戦になることはこれからも考えられるし、毎回松坂を抹消するのはもったいない。よっぽど松坂をベンチに入れておいて打席に立たせた方がいい」とボヤいた。この日は救援陣が大誤算。岩瀬、鈴木博、田島といった“勝利の方程式”の3投手がいずれも失点し、森監督は「任せる人に任せる準備はブルペンでしていたんだろうけど、それでも抑えることができなかったということ」と悔しがった。投手陣が安定しないことには、総力戦は避けられないだけに…。打席での松坂の需要も高まりそうだ。