昨季7勝18敗 今年も1勝4敗…由伸巨人の広島対策は?

2018年05月04日 16時30分

わずか6球で勝ち越しを許してしまったマシソン

 今年もカープには勝てないのか…。巨人は3日の広島戦(マツダ)に2―3で惜敗を喫し、連敗で3位に転落した。好調の打線が散発3安打と沈黙。リリーフ陣も粘り切れず逆転を許してしまった。8連勝と波に乗って乗り込んだが、王者の底力に屈し、敵地ではこれで6連敗。イケイケだったチームは一転、再び自信喪失ムードだ。

 気づけば負けていた。先手を取ったのは巨人。2四球で二死一、二塁の好機をつかむと、打撃好調の小林が右翼線へ2点適時二塁打を放ち、幸先良いスタートを切った…はずだった。先発・吉川光は鈴木にソロこそ浴びたが、5回まで3安打に抑え込み、球数もわずか70球。だがベンチがこの回限りで左腕交代を決断すると試合が動き始めた。

 2番手・澤村は悪癖の制球難を露呈。安打と暴投で危機を広げると、バティスタの適時打であっさり同点とされた。8回には3番手のマシソンが田中、菊池に連打を浴び、わずか6球で勝ち越しを許してしまった。

 打線は3回以降、見せ場をつくれず。由伸監督は「もう1点何とか取りたかったが、なかなかうまくいかなかった」と振り返ると、継投の誤算については「起用の部分は我々が判断したので、そういう形(相手の逆転)になったのはしょうがない」と悔しさを押し殺し、言葉を絞り出した。

 この日の敗戦で、マツダスタジアムでは年をまたいで6連敗。対戦成績も1勝4敗となり、7勝18敗という屈辱の結果となった昨季の流れを変えられずにいる。今回は2戦とも接戦には持ち込んだが、指揮官は「それを求めているわけでも、求められているわけでもない。何とか勝ち切らないと、なかなか去年の差というのは埋まらないでしょう」と自身に言い聞かせるように話した。

 村田真一ヘッド兼バッテリーコーチも顔を真っ赤にしながら「接戦を勝たないとあかん。広島に勝たんことには優勝はないんやから」。だが大型連勝の勢いを打ち砕かれての連敗に、チーム内からは弱気な声も漏れた。

 試合後、選手の一人は「雨で昨日の試合が流れて良かった」とポツリ。チームスタッフも「角落ち(丸が不在)でも、カープはやっぱり強い。田中や菊池をはじめ、選手が勝負どころを知っている。アドゥワみたいな若い投手も出てくるし…。他のチームと同じように戦っていたら厳しいね」と本音を漏らした。

 本紙専属評論家の大下剛史氏は「今のままでは広島との差は埋まらない」と断言。「チーム力も経験も、今や広島が上。巨人はそれを認め、どんと構えているだけでなく、ベンチが知恵を絞ってもっと相手が嫌がる野球をするべきだ」と厳しく指摘した。

 巨人も球団を挙げてオフから広島対策に取り組んできたはずなのだが…。どうすればコイの“独泳”を止められるのか、答えはまだ見つからない。