マツダスタジアム近くで逃走犯逮捕 鯉ナイン&ファン「安心しました」

2018年05月01日 16時30分

試合後、帰路に就くカープファン。左上方が確保現場

 逃走容疑で30日に平尾龍磨容疑者(27)が逮捕された一報を受け、プロ野球の広島球団にも衝撃が走った。現場は本拠地マツダスタジアムから約400メートル離れた場所でJR広島駅とのほぼ中間地点。また、同日に行われた阪神戦の試合開始前に確保されたことで、球場を訪れる予定の観客が何らかの形で巻き込まれる可能性もあった。

 広島のある選手は「ニュースで知りましたよ。いやぁビックリしました。(平尾容疑者は尾道市の)向島にいるとばかり思っていたので、まさか広島市内にいたとは…。僕らにも家族がありますし、遠征で家を空けることもある。向島の住民の方々もホッとしたと思いますが、自分も安心しました」と安堵の表情を浮かべた。

 一方、試合後早くも翌日の自由席を確保するため、球場前に並んでいた“徹夜組”の広島ファンの男性は「実はこれで3日連続なんだ。もちろん昨日もここで夜を明かしたけど、よくよく考えると怖いよね。バッグもスマホも手元に置いて寝ていたんだけど、盗まれる危険性もあったわけだし」。また別の男性ファンは「(脱走事件について最初は)全然気にしていなかったけど、私は家が球場の近所で中学生の娘がいるのでゾッとした。(平尾容疑者は)逃げていただけで他人に危害を加えていなかったみたいだけど、人間追い込まれると何をするか分からないし…」と表情をこわばらせた。

 現場が小学校前だったことで周囲からは「今日が(学校が)休み(祝日)で本当によかった」「犯人を今日逃がしていたら大変なことになっていたかも」といった声も上がった。

 ちなみに、平尾容疑者は現金約2万円を所持していたが、広島球団幹部は関係者や観客を含め「何か盗まれたという話は入ってきていない」とコメントした。