松坂復活勝利の瞬間最高視聴率は13・9%

2018年05月01日 12時07分

復活勝利を挙げた松坂

 中日・松坂大輔投手(37)が12年ぶりに日本球界での勝利をゲットした4月30日の中日―DeNA戦(東海テレビ)が瞬間最高視聴率13・9%を記録したことが1日、わかった。デーゲーム中継の視聴率としては非常に高い数字。松坂の復活勝利は名古屋人の注目度も高かったようだ。

 東海テレビではこの試合を14時50分~16時49分まで中継。試合途中で中継時間終了となったが、16時49分から始まった「ニュースOne」の中でも17時29分まで野球中継を継続して放送。松坂勝利の瞬間からヒーローインタビュー、さらに同局解説者・鈴木孝政氏(63)による松坂単独インタビューなど復活勝利の模様をたっぷりと放送した。

 瞬間最高視聴率を記録したのは16時23分に中日2点リードで迎えた6回裏、二死一、二塁で代打・堂上の打席の場面と、17時07分に復活勝利を挙げた松坂が森繁和監督(63)に迎えられて握手をする場面。16時49分までの野球中継の平均視聴率が9・9%で、試合終盤から松坂復活勝利の模様を放送した「ニュースOne」(16時49分~17時53分)が11・3%だった。「ニュースOne」の平均視聴率は通常、5%前後が多いだけに、いつもの倍以上の視聴率を記録したことになる。

「松坂投手が勝利したこともあって非常に高い数字となりました」と東海テレビも“松坂効果”にニンマリだった。

(数字は名古屋地区、ビデオリサーチ調べ)