広島・野村 背中の張りで登録抹消

2018年04月28日 13時00分

 広島の野村祐輔投手(28)が27日、背中の張りで出場選手登録を外れた。26日のDeNA戦(横浜)で違和感を訴え、4回3失点で降板していた。自身初の開幕投手を務めた今季は、ここまで5試合に登板して2勝1敗、防御率5・59だった。

 ローテーションの柱の離脱に畝投手コーチは「痛いには痛い。みんなで戦っていく」と話した。28日からの9連戦は先発陣のやりくりが厳しくなるが、中継ぎに配置転換されている薮田、この日一軍の投手練習に合流した九里が先発する見込みとなった。