阪神・岩貞 今年も熊本に義援金「去年以上に貢献したい」

2018年04月27日 11時00分

キャッチボールを行う岩貞

 熊本出身の阪神・岩貞祐太投手(26)が26日、今季も社会貢献活動を行うと発表した。昨年から「熊本地震」の被災者に公式戦1勝につき10万円の義援金、1奪三振で軟式球1ダースなど野球道具の寄贈を関係団体を通じて行ってきた。

「(震災から)まだ2年しかたっていないこともあり、プロ野球選手としてできることをしっかりやっていきたい。地元と自分のためにも。去年も同じ内容でしたが、それ以上に貢献できるよう高い意識でやっていきたいです」

 この日は広島のマツダスタジアムで投手練習に参加。登板予定の30日広島戦先発に向けて汗を流し「打線に切れ目がないんで丁寧にアウトを取ることが勝つことへの近道になる」と気合を入れ直した。