BC栃木・村田 待望の初ヒット

2018年04月12日 16時30分

栃木移籍後、初安打を放つ村田

 巨人から自由契約となり、ルートインBCリーグ・栃木に入団した村田修一内野手(37)が11日、群馬との公式戦(小山)で待望の今季初安打を放った。チームは8―7でシーソーゲームを制し、今季初勝利を挙げた。

 背番号25の見せ場は初回から訪れた。「4番・三塁」で先発出場し、前打者の飯原(元ヤクルト)の2ランで2―1と逆転した直後、相手先発左腕・南の直球を中前へ運び、スコアボードに「H」ランプを点灯させた。今季3戦目、10打席目の安打にファンから大きな拍手が送られた。その後は四球、左飛、三直併殺、遊ゴロで4打数1安打。それでも9回の守備では華麗なランニングスローでアウトにし、再びスタンドを沸かせた。

 村田は「言っても、10打数1安打ですからね」としながらも目尻を下げ「次から打っていければ」とさらなる活躍を誓った。