DeNA筒香目覚めさせた広島7回の勝負

2018年04月09日 16時30分

2打席連続弾を放った筒香

 広島が8日のDeNA戦(マツダ)に3―5で敗れ、今季初の連敗。0―0の6回、筒香に先制2ランを許した先発の大瀬良は「コースや高さは悪くなかったと思う。ただ、ストレートの四球で先頭(の大和)を出したのは反省」と振り返り、緒方監督は「(6回に)急にバランスが崩れたり、ボールが弱かった。反省するところはしてもらう」と次回へ修正を求めた。

 さらに、0―2の7回には九里が筒香に2打席連発となる3ランを浴びて追加点を献上。今季の筒香は試合前まで打率1割6分7厘と不振だったが、完全に目覚めさせてしまった格好だ。本紙専属評論家の大下剛史氏はこの場面をポイントに挙げ「次打者のロペスとの勝負でもよかったのではないか」と分析した。

 この回は九里が一死一、三塁とピンチを招いて筒香を迎えた。その初球に大和が二盗を決め、二、三塁に。大下氏は「難しいところ」としたうえで「ここは(筒香を)歩かせてロペスとの勝負を選んでいい。満塁にすることでダブルプレーも狙えるし、ロペスにもプレッシャーがかかる」。しかし、バッテリーは3ボール1ストライクと相手有利のカウントから筒香と勝負し、痛打された。

 不振の筒香なら…という思いもあったのだろうが「日本の4番をナメてはいけない」(大下氏)。終わってみれば5打数3安打5打点、今季1号を含む2本塁打。その後は広島が3点を返したものの、もともと「この試合は3点勝負」と大下氏が話していたように7回の攻防が明暗を分ける結果となった。