ソフトB千賀が右ヒジ周辺の張りで登録抹消 工藤監督「一度飛ばす」

2018年04月07日 14時06分

 ソフトバンク・千賀滉大投手(25)が7日、右ヒジ周辺の張りで出場選手登録を抹消された。工藤公康監督(54)は「しっかりいい状態にするのが一番。次の金曜日(13日)は試合がないし、一度(先発を)飛ばす」と説明した。

 千賀は3月23日の広島とのオープン戦で右上腕部の張りを訴えて、3回48球で緊急降板。同30日のオリックス戦では育成出身選手として初の開幕投手を務め、7回無失点と好投したが、前日(6日)の楽天戦は4回途中6失点の乱調で、右ヒジを気にするそぶりも見せていた。

 千賀に代わり、二保旭投手(27)が一軍に昇格した。

関連タグ: