三者凡退に抑えたが…巨人・マシソンの状態は?

2018年04月06日 16時30分

復調が待たれるマシソン

 不動のセットアッパーは本当に復活したのか。巨人は5日の中日戦(ナゴヤドーム)に3―2で競り勝ち、2カード連続の勝ち越しを決めた。

 今季初先発の大竹が5回1失点の粘投で降板すると、3―1の6回からは強力救援陣が1イニングごとにマウンドへ向かった。2番手の澤村こそ4連打で1点を失ったが、その後のマシソン、上原、カミネロは無失点で切り抜け、注目された相手先発・松坂との一戦を制した。

 一見すると盤石のリリーフ陣ながら、チームがやきもきしながら見守っていたのがマシソンだった。マシソンは阪神との開幕3連戦(東京ドーム)を温存され、初登板したのは3日の中日戦。しかも7点リードの9回だった。

さらに二死一塁となると、足を気にするそぶりを見せ、斎藤投手総合コーチがマウンドへ急行するシーンもあった。それだけに、他球団からも「マシソンはどこか壊れているんじゃないか?」と懐疑的な目が向けられていた。

 この日の試合後、7回を三者凡退に抑えたマシソンについて報道陣から「状態が上がってきたことが収穫か」と聞かれた由伸監督は「そんな悪くないよ」と口をとがらせた。ただ、斎藤コーチによれば、万全とは言い難かったようだ。初登板翌日の4日には「オープン戦の終わりの状態と同じ。良くないと思っているから出さなかった。多少やられても大丈夫という展開で、どういう状態か見たかった。(上原、澤村、マシソンの)誰でもいけるよという状態が一番いいよね」と話していた。

 守護神・カミネロを加えた4人のリリーフ陣で負担を分け合いながらシーズンを戦い抜くためにも、一日も早いマシソンの完全復調が待たれる。