広島 高卒2年目右腕・アドゥワ誠が岩隈手本に開幕一軍

2018年03月30日 16時30分

開幕一軍切符をつかんだアドゥワ

 広島の高卒2年目・アドゥワ誠投手(19)が開幕一軍の切符を手にした。すでにローテーション入りが“内定”している同期の高橋昂とともにチャンスをものにしたハーフ右腕は「これからがスタート。不安のほうが大きいが、打たれてもすぐに切り替えられるようにやっていきたい」と意気込んだ。

 新フォームでアピール合戦を制した。昨季はゆっくりとした投球動作だったが「思ったボールがいかなかったので、何か変えていかないといけないと思った」と、憧れのマリナーズ・岩隈を参考に投球フォームを矯正。「小さいころから投げるまねをしていた。でも全部を取り入れたわけではない。左足を素早く上げる部分とテークバックを小さくする部分。そこを意識した」。中継ぎとして回またぎ、連投のテストに合格した若鯉に注目が集まる。