【2018ペナント大予想】伊勢孝夫氏「阪神が広島、巨人との三つどもえを制する

2018年03月29日 10時50分

伊勢孝夫氏

【2018ペナント大予想:伊勢孝夫氏(本紙評論家)】セは阪神、広島、巨人の三つどもえの戦いになる。なかでも先発、中継ぎともに盤石で投手力抜群の阪神を優勝にした。打力が圧倒的な広島は今年も優勝争いに絡むことは間違いない。上原の加入により精神的な支柱ができた巨人も戦力としては十分狙える。松坂が加入した中日、そして小川監督となったヤクルトは両チームとも絶対的なエースが不在で連敗の危険性があり厳しい戦いになる。

 パはソフトバンクの連覇で決まり。戦力としてはずぬけていてよほどのことがない限り優勝は間違いない。そこを崩せるとすれば西武。もともとの打力に加えて辻監督の目指すきめの細かい野球が選手にも浸透してきている。大谷の抜けた日本ハムは栗山監督がいろんな策を練るだろうが、Aクラスは難しい。戦力的には過渡期にあるロッテも今年は厳しいシーズンになるだろう。