藤浪が数々の低評価に猛反発「全然違います」

2018年03月24日 16時30分

完全復活に自信満々の藤浪

 昨季3勝5敗と期待を裏切った阪神・藤浪晋太郎投手(23)が23日、ウエスタン・リーグの中日戦(鳴尾浜)に先発し、6回を2安打4三振で1失点(自責点0)の投球を見せた。前回13日のヤクルト戦は4回途中4安打5四死球で6失点(自責0)の大乱調。よほど心配だったのか、この日はナイターでのオリックス戦を控えた金本監督ら一軍首脳陣に坂井オーナーまで駆けつけた。

 2回までに3四球と苦しんだが、尻上がりに調子を上げた藤浪は「序盤はバランスが良くなかったけど、4回に(投げるタイミングが)ぴたっとはまる感覚があった。それを初回から出せるようにしたい」と手応えを口にした。香田投手コーチも「非常に投げっぷりがよかった。今日ぐらい投げてくればそういうとこ(開幕先発枠)で投げてもらうことになりそう」と評価。ただ、金本監督が「スピードとキレがもう少しあれば」と注文を付けたように、100%の信頼を得るまでには至っていない。

 昨季の不振もあり、周囲からは「右打者への内角攻めができないまま」や「死球から崩れるパターンは直ったのか」と好き勝手に言われている。そんな声の数々を藤浪にぶつけると「全然違います。右打者への内角攻めができないんじゃなく、僕はもともと、そんな配球をしない。外で勝負する投手。投げられないんじゃなく投げる必要がないんです」と反論。さらに「挫折とか、精神的にどうとか言われますけど、苦労したというなら(大阪桐蔭)高校のときの方がもっときつかった。もともとエリートでもないし、参っているとかはないんです」と声を大に訴えた。

 この男の再起なしに13年ぶりとなるリーグ制覇はありえない。「今年は自分でも自信があるというか“やれる”と思っている」。楽しみだ。