阪神・金本監督 月間ノルマは「貯金3以上」

2018年03月23日 11時00分

 阪神・金本知憲監督(49)が22日、月間ノルマとして「貯金3以上」を掲げた。13年ぶりのV奪還を見据える指揮官は「増やしていきたい。できるもんならいくらでも貯金はしたいでしょ。(優勝ラインは)30個前後だろうね」と設定。昨季の広島が貯金37で連覇を成し遂げたように、リーグ制覇のためには「貯金30」が最低でも必要との考えだ。そのためにはコンスタントに勝ち星を積み重ねることが必要。そのため「月4、5? いければやけどな。最低3ということ」とノルマを設定した。

 オープン戦では投打がかみ合わず最下位に沈んでいるが、「勝ちはシーズンに取っておいている」と問題なしを強調している金本監督。開幕後はこれまでのうっぷんを晴らし、悠々自適の貯金生活といきたいところだ。