阪神・藤浪 先発ローテ入り判断は持ち越し

2018年03月22日 11時00分

キャッチボールで汗を流した藤浪

 阪神・藤浪晋太郎投手(23)の先発ローテ入りの判断は持ち越しとなった。

 藤浪の登板予定だった21日のロッテ戦が雨天中止となり、23日のウエスタン・中日戦(鳴尾浜)に臨むことが決定。ZOZOマリンの室内練習場で汗を流した右腕は「自分のボールをしっかり投げられるか。相手、シチュエーション、球場は関係ない。やるべきことは変わらない」と次戦に向けて意気込んだ。

 先発ローテに頭を悩ませる金本監督は「いい球をストライクゾーンに投げてくれればいい。アバウトでいいんだから。多少暴れるのはいいけど…」と注文を付けた。