広島V3への死角?投手陣が不安だらけ

2018年03月19日 16時30分

 広島は18日の楽天とのオープン戦(静岡)に4―5で惜敗。先発した大瀬良大地投手(26)が初回から暴投で先制点を与えるなど、5回7安打4四球5失点。「最初から調子自体良くなかった。軸となるボールを見つけることができなかった」と反省し、畝投手コーチは「まったく内容のない投球。四球から失点につながっている」とバッサリ切り捨てた。

 さらに気になるのが前日17日に左足にライナー性の打球を受けた岡田明丈投手(24)だ。松原一軍チーフトレーナーによると「左下腿の打撲」。この日のうちに広島に戻った岡田は病院で検査する予定だが、チーム内から「すぐに走れるような状態ではない」といった声もある。開幕に間に合うか微妙な状況だ。

 先発陣は6番手を争う高橋昂、九里らが控えているものの、昨季5勝の中村祐や昨季プロ初先発を経験した高橋樹らも故障で離脱しており、復帰は未定。この日、中日との二軍戦に先発した福井は4回5失点とピリッとせず、畝コーチは「(二軍選手と)入れ替える可能性はある」としながらも、起用については頭を悩ませている。

 トレード等の補強に踏み切ることはなさそうで「正直なところ不安だらけですね」(チームスタッフ)という意見も。3連覇を狙う優勝候補大本命の“死角”となりかねないだけに、気になるところだ。