中日の新助っ投ジーに強力援軍

2018年03月12日 16時30分

 中日の新外国人右腕、ディロン・ジー投手(31=前ツインズ)が11日、楽天とのオープン戦(倉敷)で来日初先発した。2回にアマダーの2ランを含む4回5安打2失点。4番手で登板した前回4日の楽天戦(ナゴヤドーム)は2回3失点と、すっきりとした結果が出ていないが、本人は涼しい顔で「前回は高めにあえて投げていったもの。今日はツーシームとかの球の動きを確認することがテーマで、思った通りに弱いゴロとかに打ち取れたと思う。ホームランはそこまで心配していないし、シーズンに向けて改善するだけの時間はまだあるよ」とニヤリ。

 メジャー通算51勝という実績もあり、開幕ローテ入りは確実視されているが、ここにきて強力な援軍も得た。先日、キャリアン夫人(32)、長男のハドソン君(4)、長女のシャーロットちゃん(1)が来日し、そのままシーズンを終えるまで名古屋の自宅マンションで暮らす予定。ジーは「違う文化の国に来て一人でアジャストするのは難しいと思うけど、家族とともにいれば、私の心は明るくなるよ」と笑顔を見せる。

 休みの日には公園に行きソフトボールでハドソン君とキャッチボールしたり、家族で水族館や動物園へ行くことも計画中だ。「私は家族を愛している。妻とも一緒にキッチンに立って料理を2人で作ることも本当に癒やしになる」と照れながら話すジーの活躍が楽しみだ