巨人ゲレーロがオープン戦2号2ラン

2018年03月12日 16時30分

2号2ランを放ったゲレーロ

 11日、昨季セ本塁打王の巨人・ゲレーロが6回に2ランを放った。2点を追う6回一死一塁で阪神2番手・岩貞の128キロのスライダーをライナーで左翼席へ。オープン戦2号弾だが、雨天ノーゲームとなった広島戦(2月23日、那覇)の“幻弾”を含めれば3発目の快音に「感触は良かった」とにっこりだ。

 試合は3―6で敗れたが、由伸監督は「チームが欲しいところでの一発ですから。シーズンでも期待している。劣勢での一発? それが一番ベンチも助かる。そういうのを求めて巨人に来てもらったわけですからシーズンでも期待してます」と新助っ人を称賛した。

 ゲレーロは「あとは微調整」とシーズンに向けた準備はほぼ完了している様子。巨人待望の長距離砲が、シーズンでも大暴れしそうだ。