阪神オープン戦白星ナシの6連敗 金本監督「どうやろなあ」

2018年03月09日 17時16分

選手交代を告げる金本監督

 阪神が9日の中日戦(甲子園)に25で敗れ、今オープン戦6戦6連敗を喫した。

 今季開幕投手が確定している先発・メッセンジャーが立ち上がりに4失点し、追いかける試合展開となったが、打線は中日先発・小笠原らを前に8回まで散発2安打と沈黙。9回にようやく大山の左前適時打などで2点を返したが、そこまでだった。

 鳥谷、福留、糸井ら主力組が出ていないとはいえ、中谷、高山ら期待の若手に結果が出ない“惨状”でいまだオープン戦で白星なしだ。5連敗した際は「(勝利は)シーズンに取っておく」と笑い飛ばした金本監督も、さすがにこの日は「どうやろなあ。調子はもうひとつ…」と力なく話した。