松坂 CM出演決定は自信の表れか

2018年03月06日 16時30分

調整は順調にきている松坂

 自信の表れということか。中日・松坂大輔投手(37)が東海地区のローカルCMに出演することが5日、分かった。「JAあいち豊田」のラジオCMで、昨年のセ・リーグ新人王・京田陽太内野手(23)と共演する。収録は別撮りで松坂の分は7日に収録。同CMは4月ごろから東海ラジオの野球中継「ガッツナイター」で流される予定となっている。

「JAあいち豊田」のCMといえば例年、中日の顔とも言える選手を起用することで知られ、これまでレジェンド・山本昌氏や中日復帰した山崎武司氏など一流どころが数多く出演してきた。入団1年目でまだ試合にも出ていない選手を起用するのは極めて異例のこと。どういう経緯でCM出演となったのか。

「こういうケースは初めてだと思います。ただ、やはり今年のドラゴンズの目玉で、話題といえば松坂選手。正直、中日での実績もない、今後どうなるかもわからないので本人や球団側から断られるのでは…とも思っていました。言葉は悪いですがダメモトでお願いしたところオファーを受けていただきました。本当にラッキーでした」(JAあいち豊田担当者)

 もしも一軍で投げられなければ「JAあいち豊田」に迷惑をかけてしまうということは当然、松坂の頭にもあるだろう。

 今回のCM出演快諾はそれだけ今後の見通しが明るい証拠と言えそうだ。