金本監督が期待する阪神ドラ2・高橋遥の「馬力」

2018年03月05日 16時30分

評価急上昇中の高橋遥

 阪神のドラフト2位・高橋遥人投手(22=亜大)が4日のソフトバンク戦(ヤフオク)で一軍デビューを果たし2回無失点と好投した。最速146キロの直球を武器に強力打線をねじ伏せ「自分のボールが少しは通用したのかなと思うのでうれしい。二軍にいるときに高橋建投手コーチに『どこにいってもいいから思い切り投げろ!』と言われたのが大きかった」と手応えを口にした。

 堂々の“初登板”となった左腕だが「大学のときは弱い自分が出ていた」(高橋遥)と、亜大では重圧に負け結果を残すことができなかった。ただ、今回一軍に抜てきした金本知憲監督(49)は“馬力”に期待しているという。「亜大は大学球界では断トツの練習量と厳しさ。そのなかでも高橋は進んで練習をするタイプだったようだ。そこでもまれてきた体力と精神力を監督は買っている。練習できる体力があれば鍛えがいがあるからね」(球団関係者)

 試合後、指揮官は「あの真っすぐは狙ってもなかなかジャストミートできない。万全なら間違いなくローテに入れる」と大絶賛。台所事情が厳しい先発ローテ枠に食い込むことはできるか。

関連タグ: