1年ぶり一軍登板 巨人・澤村が「7回の男」に浮上

2018年03月05日 16時30分

好投した澤村

巨人・澤村拓一投手(29)が4日、ヤクルトとのオープン戦(東京ドーム)で1年ぶりに一軍登板を果たした。

 7回から4番手でマウンドに上がると、MAX153キロの直球を主体に、畠山を右飛、山崎を空振り三振、中村を遊ゴロでピシャリ。復活をアピールした。

 ちょうど1年前の昨年3月4日、日本ハムとのオープン戦(札幌ドーム)では、わずか1球で危険球退場。その後に右肩の不調もあり、公式戦の出場機会はゼロに終わった。今キャンプも最後まで二軍暮らし。登板後、澤村は「過去を振り返ってもしょうがない。ちょうど1年ぶりなので力むなと言っても無理なので、今日は力み倒してやろうぐらいの気持ちで投げた。とりあえず、投げられてホッとした」と安堵の表情を浮かべた。

 チーム事情からすれば、澤村の復調が本物なら朗報だろう。現段階でリリーフ陣の勝ちパターンとして当確なのはマシソンとカミネロだけ。実績のある西村はコンディション面で不安を抱え、若手左腕の池田はキャンプ途中で故障離脱した。8、9回はマシソンかカミネロとしても、問題は7回を誰がつなぐのかという点だ。それだけに澤村が万全となれば、首脳陣も計算を立てやすい。

 試合後、由伸監督は「2月のブルペンでもいいボールがいっているなと思った。今日ぐらい投げてくれるとね」と目を細め、今後も一軍に帯同させる方針を示した。

 澤村も「マシソン、カミネロは決まっているという報道は見た。その前にどんどん入っていけるようにアピールしたい」。チームのウイークポイントを埋める「7回の男」となれるか。