阪神・金本監督 サファテから一発の緒方“開幕抜てき”予告

2018年03月04日 11時00分

 阪神・金本知憲監督(49)が開幕戦で“伏兵”の大抜てきを予告した。

 3日のソフトバンク戦(ヤフオク)の9回、代打で登場した緒方凌介外野手(27)がサファテの146キロの直球をバックスクリーンへ運ぶ一発。前日に一軍昇格したばかりで「自分は他の選手より厳しい立場。一打席一打席で結果を出さないと生き残れない」と危機感を口にした。

 ただ、指揮官は「下で腐らずに、一軍に絶対上がるという気持ちで振ってきた証拠。今の外野手で開幕が菅野と想定したら、緒方とちゃうか。冗談抜きであるよ!」と高評価した。

 ちょうど2年前のヤフオクでのオープン戦で、死球を受け痛がる様子を見て「骨か? 肉か?」「行けるなら行け!」と猛ゲキを飛ばしたのが緒方だったが、その成長ぶりに目を細めた。