清宮は「気配り力」も怪物クラス

2018年02月26日 16時30分

二塁手前で転倒し、苦笑いの清宮

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18=早実)が25日、オープン戦・ヤクルト戦(浦添)の6回から代打で出場し四球を2つ選んだ。

 前日24日の中日戦(北谷)で9回一死から代打で登場し、プロ初打席は空振り三振した清宮はこの日の第1打席、フルカウントから高めに外れた145キロの直球をしっかり見送ると、プロ初出塁を達成。出塁後の無死一塁フルカウントの場面で、エンドランのサインが出た。抜群のスタートに成功し、打者平沼も右前打を放ったことでそのまま三塁まで進塁…と思いきや、雨によってできたぬかるみに足をとられたのか、二塁手前で転倒。なんとか二塁まで到達し、照れ笑いを浮かべた。第2打席も四球で出塁。直後の打者平沼が逆転2ラン本塁打を放ち初得点を記録した。

 清宮は「自分らしく落ち着いてできました」と安堵の表情。栗山監督も「いい四球だったね。まぁ、褒めるのはここまでだな。能力は高いことは分かったんで、あとは悪いところもしっかりと指摘させていただきます(笑い)」と評価した。

 そんな清宮のグラウンド外で見せる意外な一面に注目が集まっている。沖縄キャンプ最終日の23日に行われた夕食会での出来事だ。会には名護市や国頭村の関係者など多くの来賓が出席。そこで清宮は来賓の方々のグラスに自ら進んでビールを注ぐと、自分のグラスを一番下にして乾杯。高校生の「大人顔負け」な振る舞いに、お酌を受けた大人たちを「なんだか逆に申し訳ないです」と恐縮させた。

 また、先日まで行われていたアリゾナキャンプではほとんどの選手が上着を羽織ってウオーミングアップをする中、清宮だけがユニホーム姿で練習。「着替えが遅くて上着を着るのが間に合わない」と本人は話すが、球団関係者は「清宮はファンやメディアのことを考えて、自分を見つけやすいように背番号の見えるユニホーム姿でいた可能性もありますね」とも明かしていた。

 当然、その気配りはチームメートにも欠かさない。移動の際のバスからの荷出しはいつも率先して実施。これには緒方コーチも「偉いなぁ」と感心しきり。清宮は新人離れした“気配り力”でも株を上げている。

関連タグ: