ソフトB・千賀「しくじり先生」変身で後輩指導

2018年02月26日 16時30分

長谷川宙(右)を指導する千賀

 ソフトバンク・千賀滉大投手(25)が「しくじり先生」となり、後輩を熱血指導した。宮崎春季キャンプ最終クールの25日、A組に昇格している育成2年目左腕の長谷川宙輝(19)からの申し出で、練習法などを伝授。自身の失敗談なども披露し、期待の若手を大いに励ました。

 前日の紅白戦で1回4安打3四球6失点と大乱調だった長谷川宙。そんな左腕に対し、千賀は「僕も2年目にA組に抜てきされて、緊張でストライクが入らなかった。(話を聞くと)悩み方も同じ。ピュッと投げて球が速いところも自分と似ている。同じ道をいっている」と若き日の自分と重ね助言を送った。

 背番号3桁からメジャーも熱視線を送る「世界の千賀」と言われるまでに飛躍したが、その裏には幾多の失敗と試行錯誤があった。“しくじり過去”も包み隠さず、期待の後輩に立身出世のイロハを叩き込んだ。