中日ドラ1・鈴木博志に“ヒロシ問題”発生

2018年02月17日 16時30分

シート打撃に登板した鈴木博

 中日のドラフト1位・鈴木博志投手(20=ヤマハ)が16日の沖縄・北谷キャンプでシート打撃に初登板し、最速151キロの真っすぐを武器に打者7人に対して2三振を奪うなど無安打に抑え込んだ。「70~80%ぐらいの力で理想的な投げ方ができた。点数は70点くらい。30点は試合で抑えていないから。練習ですから。70点満点の70点? そういうことですね」と胸を張った。

 一方で鈴木博には思わぬ“ヒロシ問題”も勃発した。この日のシートでは鈴木博の快投に亀沢ら守っている内野陣から「いいぞヒロシ!」「ナイスボール、ヒロシ!」と名前が連呼された。「いつもヒロシって呼んでもらっています。最初は静かだったんですけど、抑えだしたら声をかけてもらった。ちょっとふざけているところもありましたけど、うれしかったです」とルーキー右腕ははにかんだ。

 ところが、三塁ベースコーチをしていた奈良原内野守備走塁コーチも字こそ違えどヒロシ(浩)。そのため三塁を守った福田は笑いをこらえるのに必死となり、ベンチ裏では「俺の名前言ってんじゃねぇよ!」と奈良原コーチが亀沢に雷を落とす一幕まであった。

 亀沢は「奈良原さんもヒロシだったのをど忘れしてました」と反省するばかり。とはいえ内野陣の投手への声かけは立派なバックアップでもある。今後“ヒロシ問題”をどう解決していくのか。鈴木博の今後を占う意味でも重要な課題となりそうだ。

関連タグ: