初の屋外打席で62スイング中20発!巨人・ゲレーロにさらなる強力援軍

2018年02月09日 16時30分

ゲレーロはランチ特打で豪快な打撃を披露した

 巨人の新外国人アレックス・ゲレーロ外野手(31)が自慢のパワーを炸裂させた。宮崎キャンプ第2クール3日目の8日、ランチ特打で初の屋外打撃に臨み、62スイング中20発をスタンドにぶち込んだ。順調に滑り出した昨季のホームランキングを、ライバル球団も一斉警戒。そんな新助っ人を、同僚が“特種能力”でサポートしていくことも分かった。

 低い弾道で飛び出したライナーがぐんぐん伸びて、122メートル先のバックスクリーンへ突き刺さる。最長は左中間スタンド中段へ飛び込む推定140メートル弾。広いサンマリンスタジアムではなかなか見られない光景に、スタンドからはどよめきが起こった。

 堂々の屋外デビューに「外の初日にしては最初はちょっとぎこちなかったけど、徐々に調子が戻ってきたという感じ」と振り返ったゲレーロ。62スイングで20発という結果には上機嫌で「それだけだった? もうちょっといけるよ。35本。冗談だけどね。ハッハッハッ」と豪快に笑った。

 新4番候補と期待を寄せる由伸監督も「結構飛んでたねえ。打球がいい角度で上がって落ちてこなかった。順調にやってくれている」と調整具合に納得の表情だった。

 バックネット裏に陣取った007軍団も、続々と警報アラームを鳴らした。阪神・太田スコアラーは「見ての通りでしょ。誰が見てもいいに決まっている。打線は当然厚みを増す。どうしましょうかね…。対策を考えます」。ヤクルト・西沢スコアラーは「ウチもよく打たれているので要注意。東京ドームと神宮で、とても怖い。開幕までに穴を見つけられるようにしないといけない」と警戒感をあらわにした。

 古巣の中日・前田スコアラーも「北谷(中日キャンプ地)でもすごかったですが、元気でやっているように見えますね。(昨季の)情報はあっても、実際にウチの投手は対戦していない。これからいろんな意味で対策を取ります」。その上で「彼は気分良くやらせさえすれば力を発揮する選手。そういう意味では、マギーがいるのが大きいのではないでしょうか」と“ゲレ操縦”の鍵を握る助っ人の名前を挙げた。

 実はチーム内でもゲレーロの世話役として、マギーの存在感が日に日に増している。生粋の米国人ながらメキシコのウインターリーグに4年間在籍した経験から、通訳が驚くほどのスペイン語を操る意外な才能の持ち主。関係者によれば「メキシコとキューバ(ゲレーロの母国)では同じスペイン語の単語でも逆の意味を持つことがある。マギーはそれも理解して話している」という。

 当のマギーは「実際はそんなにうまくないよ」と謙遜するが、自分の役割は承知している。「スペイン語を話す人は少ない。ちょっとでも自分が話せることで、彼(ゲレーロ)の居心地が良くなるならと思っているんだ」。中日も注目するマギーのスペイン語力。頼れる助っ人は今季も健在だ。