広島ドラ1・中村奨「外国人投手と話したい」と英語トレーニング

2018年02月07日 16時30分

鋭い当たりを飛ばした中村奨

 将来的な正捕手奪取に準備着々だ。広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18=広陵)が参加している二軍キャンプは6日から宮崎・日南市で第2クールに突入。遠く山口・岩国市で第1クールを過ごした金の卵には一軍キャンプそっちのけ(?)で報道陣約60人とファン800人が駆けつけた。チームの方針もあって一軍デビューはまだまだ先の話になるが、中村奨は攻守だけではなく、先を見据えて英語の勉強にも励んでいる。

 一軍もキャンプを行う宮崎・日南市で始まった二軍キャンプ第2クールで、中村奨は初めて屋外での打撃練習に臨んだ。マシンと一軍経験のある佐藤、横山の投球を合わせて26スイング。左翼フェンス直撃を含む安打性の当たりは9球あったが「感覚が違った。もっといい打球が出るように練習していきたい」と満足していない様子。これまで新人合同自主トレから打撃練習は屋内で行ったため「球場の広さに慣れていかないといけない」と気を引き締めた。

 広島は高卒ルーキーにじっくりと体づくりをさせるのが伝統だ。水本二軍監督も「今すぐ一軍に上げるとか、そういうことはない」と話すように、昨夏の甲子園で1大会個人最多となる6本塁打を記録した中村奨も例外ではない。

 そんな時期だからこそできることもある。プロ初のキャンプで中村奨が力を入れているのは野球だけではない。その一つが英会話だ。昨今は外国人投手の出来、不出来がチーム成績を左右する。広島ではエース左腕ジョンソン、セットアッパーのジャクソンらがリーグ連覇に貢献した。いくら通訳がいるとはいえ、じかにコミュニケーションが取れれば信頼関係を築きやすいこともあり、中村奨は「外国人投手といろいろ話せたらいいな」と勉強にも余念がない。

 心強い味方もいる。同期でドラフト3位のケムナ誠投手(22=日本文理大)だ。米国人の父を持つ同投手は「英語で生活していました。基本的に日本語はNGです」という家庭内ルールで育ったため、日常会話レベルの英語力がある。

 実際、中村奨が好んで聴くという米国人シンガー・ソングライターのチャーリー・プースの曲で気になった歌詞の日本語訳をケムナに尋ねたところ、快く教えてくれたという。その後は単語や会話の意味を聞いているそうで、中村奨は「分かりやすく教えてくれるのでありがたい」と感謝する。

 周囲が騒ぎ立てても足元を見失うことはない。頼もしいルーキーだ。

関連タグ: