松坂大輔一問一答 竜エースナンバー20提示に「今の僕がつけるべきではない」

2018年01月23日 20時21分

入団が決まり笑顔を見せる松坂

 昨季限りでソフトバンクを退団した松坂大輔投手(37)が23日、ナゴヤ球場の屋内練習場で中日の入団テストを受け合格した。会見に臨んだ松坂は「ホッとしています」と笑みを浮かべた。以下一問一答。

 ――合格した今の気持ちは

 松坂:まずは第一段階というか、一つホッとしています。

 ――独特の雰囲気での投球だった

 松坂:試合ではないんですけど、久しぶりの緊張感の中でやらせてもらって、僕の中では良かったと思います。

 ――手応えは

 松坂:今が100%じゃないですけど、十分に投げられますよというのは伝わったと思います。

 ――テストが決まって年末年始はどう過ごした

 松坂:去年、シーズン終盤に投げられそうな手応えはあったので、言われた日にちにしっかり合わせられるように、自信を持ってトレーニングしてました。

 ――今日の段階では何合目くらい

 松坂:難しいですね。僕の中ではテストが終わって、合格したらキャンプをしっかり過ごして、オープン戦で結果を残して、開幕を目指すプランを勝手に思ってやってきた。そういう意味では順調に6~7割まではきている。100に持っていけるようにやっていきたい。

 ――プロ20年目が決まった

 松坂:周りにどう見られようが、何を言われようが自分でまだやり切った、悔いのない野球人生と思えないので、そう思えるようになるまでは自分を信じて進んでいきたい。

 ――新しい環境になる

 松坂:楽しみな部分と不安もあるが、チームに早く溶け込めるよう、名古屋の街になじめるように楽しみながらやっていきたい。

 ――実戦登板はいつぐらい

 松坂:監督、投手コーチと話をさせてもらって「キャンプを過ごしていく中で、いきたいタイミングでいってくれ」と言われたので、飛ばしすぎずに実戦に入っていけたらいいな。

 ――チームでの役割は

 松坂:日本に戻って3年間まともに投げていない僕の口から大きなことは言えないんですけど、いろんな人に恩返しするために、一軍のマウンドに上がれたらいいと思います。大した力になれないかもしれないですが、チームが少しでも上にいけるような存在になれるようしっかりやりたい。

 ――森監督は若い選手に背中で見せてほしいと

 松坂:僕は自分から話しかけるのは得意なほうじゃないので、どちらかというと後輩になめられやすいタイプだと思うので、どんどん話しかけてもらって、僕に答えられることがあれば答えたい。監督からバッティングを教えてくれと言われているので、そっちの方でも頑張りたい。

 ――森監督に対する感謝の思いは

 松坂:監督はデニーさん(友利国際渉外担当)を通じてですけど、シーズンが終わってからも非常に気にかけてくれていた。なかなか次の場所が決まらない中で、僕を不安にさせない言葉をかけてもらって感謝してます。

 ――中日の印象は

 松坂:個人的に竜が好きなので、グラブに刺しゅうするぐらいだったので。強いチーム、いやらしいチームというイメージがあります。個人的には竜が好きなので、縁があるのかなと勝手に思っています。

 ――今一番燃えている思いは

 松坂:ここ何年も投げていないので、元気に投げている姿を一年間めいっぱい見せつけたい。

 ――投げる姿を見たいファンも多い

 松坂:ホークスでほぼずっとリハビリしてましたけど、球場で声をかけられて、絶対に復帰したいと思っていた。ホークスではかなわなかった。場所は変わりましたけど、ホークスのファンへの思いは変わらないので、その人のためにも一軍のマウンドでしっかり恩返ししたい。

 ――背番99を選んだ理由は

 松坂:個人的には若い番号の方がいいと思って20番というのも頭にありましたけど、今の僕がつけるべきではないと思いました。ドラゴンズの中でふさわしいピッチャーが出てくるべきだと思った。それで残ったのが99。ベタなところで言うと、足したら(自身がつけていた)18になる。99という数字に何か意味があるんじゃないかと思って99にしました。

 ――ここで最後の気持ちか

 松坂:選手としては長くやるに越したことはないんですが、ここまできたら先を見る余裕もない。一年一年最後のつもりでやっていくことになる。

 ――ソフトバンク・和田、阪神・藤川など松坂世代がエールを送っている

 松坂:常に連絡を取り合って、みんな「待ってる」「信じてる」と、2人だけじゃなく言ってくれた。他の選手の活躍もあって、僕もまだまだ辞められない気持ちがある。また同じグラウンドに立って言葉を交わしたいと思う。

 ――合格はどのタイミングで言われた

 松坂:いや、はっきり言われていないんですよね。「着替えしてしっかり会見やってこい」って言われたんでそういうことなのかなと。雑談の中で「あとのスケジュールを決めてこい」と。

 ――先発はやりたいか

 松坂:もちろん先発はやりたいですけど、チームのニーズに応えられる準備をしたい。

 ――20年目のシーズンになる

 松坂 周りの人に20年と言われると、それだけたったのかなと思いますけど、普段から自分で意識することはないですね。20年後の自分も想像していなかったですし。僕が入ったときは20年目の選手はそうとうなオジサンのイメージ。若い子たちにどう見られるのか。続けたくても続けられない選手もいますし、この場を与えてもらって感謝してます。

 ――中日は西武時代から知る森監督と友利さんがいる

 松坂:2人がいるチームにお世話になる縁を感じます。

 ――中日で懇意にしている選手は

 松坂:荒木さんとはちょっとあいさつしました。岩瀬さんとは国際試合で一緒でした。(同い年の)小林君(監督付広報)とは「会ったことあるっけ?」と聞いたら「甲子園のとき写真を撮ってもらった」と。

 ――開幕投手は一つの目標か

 松坂:さすがにそれは思えない。ただ使ってみようと思えるぐらい状態が上がってくるといいですよね。僕はそこまで持っていかないといけないと思ってますし、自分ではそれができる自信があります。開幕投手ができるという意味ではないですよ。

 ――開幕ローテに入る気持ちは

 松坂:それはやっぱり目標を持ってやりたいです。