Dバックス移籍の平野 イチローとの対戦楽しみに「一緒の空気を吸いたい」

2017年12月26日 18時53分

長村裕之球団本部長(左)から花束を贈られた平野

 オリックスから海外FA権を行使し、米大リーグ・ダイヤモンドバックス入りが決まった平野佳寿投手(33)が26日、大阪・舞洲の球団施設で会見し「ホッとしている。行くだけじゃなく、結果を出さないといけない。少しでも長く向こうにいられるようにしたい」と意気込みを語った。

 複数球団の中からDバックスを選んだ理由について「一番初めにオファーをもらっていた。GM、監督が僕に熱意を持ってくれていたし、強いチーム。土地も暖かくていい環境。家族もゆっくり住めると思った。サポート態勢を整えてくれている」と説明した。

 対戦したい打者に「大谷君(エンゼルス)です」と即答して周囲を笑わせたが、ルーキー時代に最初に対戦したイチローにも思いをはせた。「プロで初めて対戦したのがイチローさんだった。すごい緊張したけど、ありがたかった。(対戦は)その1回きりです」。

 2006年、当時マリナーズ所属だったイチローがWBCの調整のため、古巣の宮古島キャンプに特別参加。紅白戦で平野と対戦し、2打数1安打だった。それ以降、オフに神戸であいさつする程度の関係だったが、先日、神戸の飲食店で偶然に再会した。

「たまたま一緒だった。『行くんでしょ』と言われました。向こうで会えればいい。同じ場でやりたい思いはある。一緒の空気を吸いたい」。イチローの移籍先は未定だが、12年ぶりに2度目の対戦が実現することを楽しみにしている。

 年明けから京都で始動し、2月に渡米する予定。「パフォーマンスが落ちないようトレーニングのレベルを上げていく。同じ野球でも全く違うものと思っている。ルーキーのつもりで一からアピールして自分のポジションを勝ち取りたい。50、60、70試合投げたい」と結果を出していく覚悟だ。

関連タグ: