本紙カメラマンが撮った!“イワモト100%”

2017年12月21日 16時30分

最優秀賞に輝いた本紙・中西記者の「イワモト100%」

 本紙カメラマンが快挙! 大阪、神戸、名古屋のスポーツ紙7社と共同通信社で構成する関西スポーツ紙写真部長会は20日、2017年の「関西スポーツ紙写真部長会賞」各賞を発表した。

 最優秀賞には、プロ野球・広島―DeNA戦で広島の岩本貴裕外野手とDeNAの高城俊人捕手が本塁上で交錯した際、高城捕手のヘルメットがジャンプした岩本外野手の股間を隠し、まるでお笑い芸人「アキラ100%」の芸を連想させる瞬間を捉えた本紙・中西弘之記者の「イワモト100%」が選ばれた。

 現在、若ハゲに悩んでいるという中西記者(35)は「髪の毛が抜けてしまった分、こういう写真が撮れてよかったです」と喜びを爆発させた。

 加盟8社のカメラマンが今年1年間に撮影し、選考の対象になった563点の写真から選出されたもので、受賞作品を含む53点が来年1月11日から17日まで、大阪・梅田の「ニコンプラザ大阪 THE GALLERY」で展示(入場無料)される。