若手時代の前田智徳に匹敵する広島2年目捕手・坂倉

2017年12月20日 10時00分

「天才・前田2世」の声もある坂倉

【赤坂英一 赤ペン!!】私は1963年に広島に生まれて、物心つく前からカープを見ているが、あれほど派手で仰々しい新人選手の入団会見は記憶にない。広島市で最大のホテル、その中でも一番の大広間に460人ものファンを集めて、ドラフト1位の中村奨成(広陵)が新人王獲得を宣言。さらにはトリプルスリー、将来は3冠王も狙うとまでぶち上げた。

 一昔前なら、コワモテの首脳陣やうるさ型のファンが「舞い上がるんも大概にせえ!」とクギを刺すところだが、これだけ言えるのも自信があるからこそ。バットが金属から木に変わったら苦労するのでは、という不安に関しても、「ウチの練習では木のバットで打ち込んでたから、プロでも慣れるのにそんなに時間はかからないはず」と広陵の恩師・中井監督は太鼓判を押している。

 こんなふうに中村奨が目立てば目立つほど気になるのが、同じ捕手で来年2年目を迎える坂倉だ。2016年ドラフト4位で日大三から入団。「打てる捕手」という評判通り、1年目の今年は二軍でウエスタン・リーグ2位の打率2割9分8厘をマーク、優勝と日本一に貢献し、一軍でも初安打初打点を挙げた。

 古株のチーム関係者によれば、「あのセンスと練習に取り組む姿勢は若手時代の前田智徳に匹敵する。新人のころからあそこまでやっている選手は他にいなかった」という。現に、広島市内の大野練習場では、12月も毎日のように黙々と打ち込んだり、投手のキャッチボールの相手をしたり、来年に向けて汗を流している。

 打撃のセンスは折り紙付きで、最初のうちは動きが硬く、低めの球を後逸することもあったが、キャッチングも着実にレベルアップしてきた。リリーフ投手陣も「もう安心して変化球を投げられるようになっている」と評価しているほど。

 今年の実績からすると、来年の日南キャンプで坂倉が一軍スタートとなるのは確実だ。高卒新人の中村奨は球団の慣例に従えば二軍スタートだろうが、力、口、人気とすべてにおいて規格外のルーキーだけに、一軍に抜てきされる可能性は大いにある。

 来春、広島のキャンプでは打撃ケージとブルペンの両方で張り合う10代の若手捕手2人が話題の中心となる。2連覇したカープがまた新たな時代を迎えた。

関連タグ: