【日本シリーズ】ソフトB王会長 今宮の本塁突入を絶賛「ゴッドハンド」

2017年10月29日 23時29分

本塁に突入する今宮

 ソフトバンクの王貞治球団会長(77)が今宮の“ゴッド走塁”に大興奮だった。

 日本シリーズ第2戦(29日、ヤフオクドーム)、2点を追う7回に1点を返し、なおも二死満塁から中村晃が右前打。三走・柳田が生還して同点に追いつくと、二走・今宮も逆転を狙って本塁へヘッドスライディングで突入した。

 一度はアウトと判定されたが、長いリプレー検証の末に、伸ばした左手が早く入っていたとして判定が覆った。

 王会長は「すごかったね。“ゴッドハンド”だ。アウトかと思ったけど、見たらちゃんと手が下に入っていた」と、連勝に導いた走塁に目を丸くして喜んだ。