【ドラフト】中日1位・鈴木博志 160キロ出す自信あり

2017年10月27日 16時30分

開幕一軍を目標にした鈴木

【ドラフト会議(26日、都内ホテル):1位の素顔と野望】最速157キロの社会人ナンバーワン右腕は「すばらしい順位で指名していただき本当にうれしく光栄に思います。ホッとして身が引き締まる思い」と笑顔を浮かべた。指名された瞬間はニコリともしなかったが「表情を出さないで堂々としていようと決めていた。投手もマウンドにいるときに表情を出すと隙が出るので」と戦闘モードで指名を待っていたそうだ。

「抑えが好きなのでやりたいというのはある」という。中日には守護神に田島がいるが「1年目から40セーブを挙げられるようにやりたい。やっぱり狙うなら自分が一番を狙いたいし、すごく負けず嫌いなので負けたくないというのはある」ときっぱり。さらに球速についても「僕もまだ20歳で伸び盛りの年なのでこれから全然伸びると思う。プロの厳しいトレーニングをやっていれば自然と160キロ出る自信はある」。次々と力強い言葉が飛び出した。

 将来の夢はメジャーで目標はレッドソックスの守護神・キンブレル。「キンブレルはすごく球が伸びて打者が直球と分かっていて空振りさせるぐらいすごい。自分も質を上げてそういうボールを目指している」。ビッグマウス男が低迷竜のカンフル剤となるか。