【ドラフト】ヤクルト1位・村上宗隆 最終的には村上世代と呼ばれたい

2017年10月27日 16時30分

1位指名を祝福される村上(中)

【ドラフト会議(26日、都内ホテル):1位の素顔と野望】熊本が誇る強肩強打の捕手は2度目の入札で3球団競合の末、ヤクルトから1位指名を受けた。清宮を抽選で外した巨人、楽天との三つどもえのくじ引きを小川新監督が引き当てた。村上は「1位で指名されると思っていなかったのでうれしい気持ちが一番。将来は一軍で活躍して、日の丸を背負える選手になりたい」と目標を語った

 187センチ、95キロの恵まれた体格を持ち、高校通算52本塁打の強打に加え、二塁送球タイム1秒84という強肩が売り。恩師の坂井監督は「彼は(ソフトバンクの)川崎宗則のような選手。(郷に入れば郷に従う)どこにでもなじむ選手。東京に行こうが、アメリカに行こうが大丈夫」とメンタルの強さも強調し、自信を持って送り出す。

 負けん気の強さもプロ向きだ。「今、僕らの世代は間違いなく『清宮世代』と呼ばれる世代。だけど、最終的には『村上世代』と呼ばれるくらいになりたい。僕は誰にも負けたくないので、早く追いついて、勝って終わりたい」。7球団が競合した清宮へ、早くも闘争心をむき出しにした。